ゴルフ部を作ろう

身、40年齢奥さん、とある僻地で中小企業の役員秘書兼雑用担当として働いています。
秘書と言っても企業はアットホームな家族経営で私のボスも副代表でありながら気の容易いおっさん、といったところ。
今年の始動、ゴルフマニアの副代表が「ゴルフ部を作ろう!」と言い出しました。なんでも先方のおっさんたちといったラウンドしても、とっくにほとんどおもしろくないから企業の若い人たちというこれからは楽しみたいについてでした。部の設立にあたり、延々と手続きやをしやり方をしていると副代表は「ここまでやったんだから、あなたもゴルフを始めないと!」って済む、今は亡き嫁さんのゴルフ分隊を身に贈り物してくれました。
特技じゃないけどういういしい時分から実践なんてやったことないし、持病のぜんそくもあるしで最初は断っていたのですが「スタミナがないからこそ、取り掛かりないと!」といった説得されてチャレンジすることにしました。
打ちっ放しには企業の事例のあるそれぞれや一緒に関わるそれぞれと共に通いました。始めてみれば大いにおもしろくて頑張って練習しました。
そうしてこの間、ラウンドリリースしたのです!
結果は。。
打ちっ放しという本物のグリーンではほとんどちがうので五里霧中。それになによりあんなにあるくことになるなんて!もちろんカートはあるのですが飛隔たりがないのでカートになるまでもなく、歩いたり、走ったりしながら18座敷をかりに乗り切りました。
ゴルフというによってますます走ってたな。。通りがけ乗り物つっちゃったし。
リリースとしてはある程度な記録だったけど、いまいちおもしろさは感じ取れず。
カートにのってラウンドできるのはいつの案件やら・・と考えつつ翌日は直ぐにマッサージに行った40年齢、スタミナ無しの身でした。