「絶えず健康がきつい」に東洋医学のススメ

昔から小さな結果疲れて仕舞う、貧血ぎみ、感冒をひき易い、そんなに、僕は虚弱体質と言われる方だ。
感冒をひけば病院に行きますが、どうにも体躯が厳しいな~、くらいでは病院には行きませんよね。それでも普段のくらしだって清々しく過ごしたい。
それほど思って何だかんだ調べてみると東洋医学に直すヒントがあることが分かりました。
欧米医学では「こりゃ病魔だね!」というものを直すのが取り得ですが、私のような「まだまだ歩み腹黒い」姿にはいまひとつスポットをあてていません。
東洋医学では「ほんのり歩み低い」姿を未病気と呼び、それを改善することに重点を置いている。
私の姿を東洋医学で調べると「血液虚(けっきょ)」「気持ち虚(ききょ)」「水毒素(すいどく)」という姿にあたるそうです。
ざっくりいえば血液虚は血液が足りない、気持ち虚は活気が足りない、水毒素は水が貯まり過ぎ、に関してになります。必ず虚弱体質という感じですね。
東洋医学では姿改修のために手立てや漢方も使いますが、何よりもルーチンの改修を重視している。
それほど大事なのは食事で、具体的に僕に合うものは以下の様な飯だ。
・血液虚に効く
ほうれん草、プルーン、黒ゴマ、黒豆、黒米
・気持ち虚に効く
じゃがいも、きゃべつ、かぼちゃ、鶏肉
・水毒素に効く
はという麦茶、豆乳、シナモン
グングン上述に共通して体躯を冷ます飯は遠ざけるのが良しそうです。
半年ほど続けていますが以前のように精神がわかない、なんてことが随分少なくなりましたよ。興味のある方はどうぞ